オリモノが多くて臭いのは性病が原因

性病とデリケートゾーンには正しい知識を

オリモノが臭いとか、生魚の様な臭いだったり、痒みの症状が
出たことはありますか?

 

また、「性病じゃないかな?」と、貴女は不安になったこと、ありますか?

 

デリケートゾーンは色々とケアが面倒だったり、分からないことも有ると思いますが、
間違ったケアをすると症状が悪くなることも有るので、注意が必要です。
そのためには、まずは正しい知識を知ることが大事です。

 

おりものはどういった働きをするか

 

正常なおりものは、白っぽかったり、透明な形状をしており、
臭いなどはほとんどありません。

 

量には個人差もありますが、ホルモンのバランスに左右されて
異常がなくても量が変化します。

 

また、膣内に潤いを与えたり、大腸菌やカンジダ菌などの
雑菌から守る働きをしています。

 

他の記事でも紹介しましたが、オリモノには善玉菌が含まれていて、
女性の体には欠かせないものです。なので、ビデなどで洗い流してしまうのは、
間違いです。

 

体に必要な善玉菌も洗い流してしまうので、抵抗力が下がり汗腺を起こしたり、
おりものに異常が出たりと、それが臭いの原因なることもあります。

 

女性の場合は、病気などが原因で抗生物質を処方される場合がありますが、
抗生物質には善玉菌を減らしてしまう場合があります。

 

その際は、一時的に臭いが強くなる場合がありますが、
薬の服用をやめると、改善するケースがほとんどです。

 

普段と比べてオリモノの量が急に増えていたり、生理の周期に関係なく増えて、
いつもと違うと感じた時は病気に罹っている可能性があります。

 

女性の場合は放置をしておくと、不妊などの原因にもつながるので
早めに治療を受けて下さい。

 

シート、タンポン、ナプキンについて

 

オリモノが多い方で、専用のシートを使用している人が多いですが、
このシートにも注意が必要です。

 

長時間交換をしないと雑菌が繁殖して、おりものの量が増えたり
悪循環になる場合もありますので、定期的に交換して清潔にして下さい。

 

また、タンポンを長時間入れたままにしたり、
ナプキンを長時間交換できない場合は、臭いの原因になるので、
こまめに交換をする必要があります。

 

性病の可能性

 

性病にもいくつも種類があり、下記のようなものがあります。

 

膣カンジダ
淋菌感染症
トリコモナス膣炎

 

淋菌感染症

淋菌が起こす病気で、性行為で感染する病気です。

 

多くの女性の場合はこの病気になっても、症状が出ないので注意が必要です。

 

それが原因で、下記を引き起こすこともあります。

 

不妊症
子宮外妊娠
卵管炎
骨盤腹膜炎

 

症状は下記のようなものがあります。

 

おりものの増加
不正出血
下腹部の痛み
性交時の痛み

 

トリコモナス膣炎

下記の症状はトリコモナス膣炎の疑いがあります。

 

茶色っぽくなる。
臭いが強い。
痒みがある。

 

原虫が性器に入ることで、炎症を起こします。
性行為による感染が多いようですが、下記が原因で伝染ることもあります。

 

また、性行為のない子でも、伝染ることもあります。

 

下着
タオル
便器
浴槽

 

放おっておくことで卵管まで炎症して、下記を招く可能性もあるので注意が必要です。

 

不妊症
早産
流産

 

症状は下記の通り。

 

あわ状の悪臭の強いおりものの増加外陰部や膣に、強い痛みや、かゆみ

 

トリコモナス膣炎が疑われる場合は、しばらくは性交渉を控えるようにして、
内服薬を服用することが大事です。

 

クラミジア感染症

あらゆる性行為で感染します。

 

症状は下記の通り

 

おりものの増加
不正出血
下腹部の痛み
性交時の痛み

 

これも注意が必要で、女性の半数は症状を全く感じません。
感染して放っておくと、下記の症状を起こすこともあります。

 

卵管炎
不妊症
子宮外妊娠
肝周囲炎