カンジタの症状と原因 治療方法

パートナーとも検査しないと不安じゃないですか?

カンジタの原因や症状について書いてみます。

 

10代から50代の女性の、5人に1人は膣カンジタを経験していること、ご存知でした?

 

カンジタは、性行為が原因での感染も有ります。
ですが、そういった行為が全くなく、体調を崩したりして免疫力が低下した際に
色々と症状も出たりしますよね。これは「自己感染」といいます。

 

また治癒しても、ホルモンバランスの変化や体調を崩し免疫力が落ちると、
再発することも。

 

これは真菌(カビの一種ですよね)が原因で起こります。
これが体内で感染・繁殖するんですが、もともとは皮膚、口内、消化器官、
膣に存在している菌だそうです。

 

以前、友人に聞きましたが、これが原因で喧嘩になったとか。
彼女は浮気を全くしていませんでした。潔白だったんですよね。

 

ですが、この症状が出たことで、疑われたそうです。
確かに、このことを男性に理解してもらうのは、難しいのかもしれません。

 

実際、膣カンジダは、大人の女性だけでなく、性交渉の経験のない
お子様でもかかる可能性があるので、気になる症状が見られたら、
早めに治療を受ける必要がありますね。

 

結局、ネット上の記事を読んでもらい、納得させたそうですが。

 

症状

 

こんな症状が出ていて、検査を考えてますか?

 

また、下記のような症状の場合には注意しましょう。

 

外陰部・膣のかゆみ

ヨーグルトっぽい、又はチーズ状のおりものが増えます。
(正常なおりものは、白っぽかったり透明で、
臭いなどはほとんどありません。)
性器の炎症で痛みや熱い感じが有ることも。
これまでに経験していない、我慢できないほどのかゆみがある
排泄障害
性交痛

 

男性の症状は、下記のような感じだそうです。

 

亀頭のかゆみとただれ。

亀頭に小さな水疱
尿道炎を起こすケースも。
また、包茎の方は発症のリスクが大きいそうです。
糖尿病
ステロイド剤の投与でも
症状が出ることもあるそうですが、滅多にないそうです。

 

女性の場合は外陰部に同時に症状が現れることも有り、
”外陰膣カンジタ症と言われています。

 

こういった症状が出た際には、面倒ですが検査が必要です。
パートナーにきちんと話して、一緒に行った方が良いですよね。

 

こういう検査キットを利用するか、病院に行って下さい。
悪化する前には行きたいですよね。

 

検査キット

 

治療方法は、膣剤や軟膏を利用します。
洗浄剤を使うことも有りますよね。

 

因みにですが、下記も免疫力の低下に繋がるそうです。

 

ホルモンバランスの変化(生理前)

寝不足
疲労や風で免疫力が落ちた時
抗生物質の使用
ステロイドの使用
妊娠
性行為
糖尿病
肥満
多汗症
ガードル等を利用して強く締め付けた時

 

こうやって挙げてみると、要因は結構あります。

 

治療は?

 

真菌剤を利用して、膣洗浄をします。
因みに当サイトでご紹介している下記は、効果を発揮してくれます。

 

膣洗浄にインクリア

 

また、3ヶ月程度は薬を続ける必要があるそうで、
性交渉も同期間、控える必要があるそうです。

 

菌を完全に排除するまでは、待たないといけないようですね。

 

また、再発を繰り返す方も見えますが、そういう時は、他の疾患の
可能性もあるそうなので、診察を受けましょう。

 

再発・発症を予防

 

予防の方法も大事ですよね

 

ゆったりした洋服で、体を抑えるような窮屈な下着等は避けましょう。

 

入浴等、体が濡れた後、デリケートゾーンは乾かしましょう。

 

衣類湿っていたらは、こまめに変えましょう。

 

排便・排尿は、前から後ろに拭き取りましょう。